FC2ブログ

もうちょっと頑張るのでち!

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメント、
たくさんいただいてます。
ありがとうございます。

ここ数日、目離しがきかないような状態で、
お返事できておりません。ごめんなさい。<(_ _)>

一昨日、昨日とあまり食べれず、
今朝、お薬を飲ませたところ、2時間後に吐いたので、
朝一番で動物病院へいってきました。

いつもの先生にエコーで炎症を確認していただきましたが、
最初にかかった時よりひどくなり、リンパ節の腫れも最初より
大きくなっていました。(>_<)

通常の腸の炎症であれば、処方されたステロイドでおさまるはずですが、
年齢的なこと、今までの腸疾患など、お薬より病気が勝っている状態のようです。

体重が3.15キロになってましたので、
先生からは、言葉を選びながらではありますが、
最期に関するお話もありました。

ひとまず、今日は、
朝飲ませたお薬を全部吐いたので、
脱水予防の点滴に吐きどめのお薬と
ステロイドも追加していただきました。

抗生物質も胃腸に負担をかけないように、
皮下点滴で入れて、2週間効果のあるものをしていただきました。

あと、本来であれば、ステロイドが効いて、
炎症がとれて、食欲が増すのが一番ですが、
痛みがあることにより、まったく食べない状態が続いているので、
「痛み止め」の処置をしていただきました。

パッチになっているもので、お腹に貼って、
3日効くそうです。即効性もあるそうで、帰りの車では寝てました。

あとは。。。
ジョニーが食べるかどうかだけです。

一昨日、昨日と、
1日何種類のものを出してみただろう。。。(^-^;

それがあかんのかな?とか思いながら、
でも、これが嫌だから?
これなら食べる?と思うと、
あれこれやってしまいます。。。

まずは一口。
何か食べてくれるよう祈ってます。

帰宅してから撮ったジョニーです。

g075.jpg

体重減りましたが、
点滴していただいたので、
行く前よりはマシにみえます。

g076.jpg

まだ眼に力があるようにみえるので、
なんとか頑張って欲しいと思っています。







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。

ちょっと今、私の情緒も不安定なもので、
お返事したり、出来なかったり、重複してしまったり、
ごちゃごちゃでごめんなさい。<(_ _)>

いつも皆さんのコメントをありがたく思っています。
頑張る力になります!^^







スポンサーサイト



Category: 病院

お薬が増えちゃったのでち。。。

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメント、
たくさんいただいてます。
ありがとうございます。

順調に回復していたように思っていたのですが、
先週末からまた食べなくなり、
17日(土)、20日(火)に病院に行きました。

特に19日はほとんど食べず、
昨日も食べたそうにするものの食べず、
水を飲む時も躊躇する感じでいたので、
これは危ない。。。と感じ、急いで連れていきました。

ジョニーのかかりつけの病院は、
決まった休診日がなく、医師が6名いらして、
交代でお休みをとられています。

普段の診察は特に医師の指名などはしていませんが、
この1ヶ月、エコーをとっていただいたり、
体調の経過を把握していただいてるので、
同じ先生にずっと診ていただいてました。

昨日はその先生がお休みの日。。。

ジョニママとしては、木曜日(その先生は火水がお休み)に
行きたいところでしたが、そんなこといってたら命が危ないかも?と、
嫌な予感が走ったので、点滴だけでも。。。と思い連れていきました。

ジョニーはここの病院へうちにきた時からずっと通っているので、
最近入られた新人の先生以外、全員の先生をよく知っています。
昨日も今まで何回もお世話になった先生にあたりました。

病院のカルテはどの医師がみてもわかるように管理されています。
なので、昨日も先週からの様子の変化、食べないこと、
私がIBD(炎症性腸疾患)のブログを読みあさっていることなどをお話して、
アルブミン、炎症、肝臓などいくつかの項目の血液検査をしていただきました。

結果。。。

アルブミンが1.7g/dlまでさがっていた。。。(>_<)

そして白血球が増えている。
これは小腸の炎症がおさまってない。
もしくはひどくなっている。

そして、食べない(食べれない)ことによる
栄養失調の状態。。。

先週木曜日までは1回は少量だけど、
1日4回食べていたんですけどね。。。
(これに関してはちょっと思い当たることがあります。。。)

土日と食べる量が減り、月曜日から全然食べなくなりました。
そして、食べない(食べれない)から、体重は3.3キロ。。。
可哀想で仕方がない。。。


幸いにも、肝臓は正常値内でした。



先生といろいろお話した結果、

まず炎症をおさえる処方を追加していただく。
(ステロイドの増量、抗生物質の追加)
それで食べれるかどうか。
1週間後、数値の再検査とお薬の調整。
もちろん、それまでに不調があれば病院へ行く。

これらをすることになりました。
診察室に1時間以上いて、
ジョニーもぐったり。。。

でも点滴で痛みがとれたのか、
帰宅してから20分程散歩して、
夜は少し食べました。
それでもまだまだ食べる量が少ない。。。

今朝、昨日処方された、

・胃腸の動きをよくするお薬
・吐きどめのお薬
・ステロイド(今までより増量)
・抗生物質(腸炎に効果のあるもの)
・肝臓のお薬(ステロイドの副作用防止のため)

これらを飲ませましたが、
今朝は散歩の足取りも重く、
帰宅してからずっと寝ています。。。


g074.jpg

これは先週末の写真。

お薬が効いて、痛みがとれて、
どうか食べてくれますように。。。







※炎症性腸疾患に関する記事を記載してくださってるブログ、
ものすごく参考になりました。ありがとうございます。<(_ _)>
(複数、読ませていただいてます。)


ブログの記事を読んでいたから、アルブミンの数値を確認すること、
ステロイドの量を調整することなど、事前に自分の頭の中にあったので、
先生とお話していても、スムーズに治療方針を決めることができました。

しんどい中、こういう記事をUPしていただいたことに、
深く感謝いたします。ありがとうございます。










※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>







ジョニーの食欲が減ったことに思い当たる話は、
字ばっかりの長文なので、興味とお時間のある方だけ、
続きを読むにて。。。(^-^;















Category: 病院

病気と気長につきあうのでち。。。

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメントを
ありがとうございます。<(_ _)>

月曜日(10/12)に
エコーで腸の様子を確認するため、
病院へいってきました。

もともとこの日に検査してもらおう!と決めていて、
前回の受診(10/1)から様子見していましたが、
嘔吐下痢もなく、順調だったので、
エコーが楽しみですらあったのに。。。

前日の夜に少量ですが、ケポッと嘔吐しました。( ゚Д゚)

g071.jpg



ガーーーーーーーーーーン!!!
母も大ショックだったよ。。。

で、この日のエコーでも、
まだ小腸に炎症があるって。

リンパ節の腫れは最初の7.3ミリから
5.3ミリになっていました。
でも正常値は3ミリ以下らしい。。。

結果、いろいろ。。。
たくさん、先生の診断結果を言われましたが、
15歳という年齢もあり、手術などをして体力を奪うよりも、
食事の改善、胃薬の服用など対処療法をしながら、
ジョニーが快適に暮らせるように決めました。

g072.jpg

そう。元気なんです。

食欲もあるし、
以前よりは食べるようになったし、
ただ、あげていいものが限られているので、
なかなか体重が戻りません。


ジョニーは3歳でうちにきて、
最初の頃は何でも食べて、
嘔吐下痢などまったくないワンコだったのですが、
7~8歳頃から、蒸し暑くなるころの季節の変わり目に
下痢などをするようになり、1年に1回くらい、
胃腸炎のお薬を処方していただいてました。

それが10歳を過ぎる頃から、1年に2~3回になり、
13歳頃からは2~3ヶ月に1回になり、
15歳の誕生日を過ぎてからはいきなりこんな感じで。。。
ステロイドを処方されたのも、今回が初めてです。

今までは点滴や制吐剤ですぐによくなっていたので、
あまり深く気にしていなかったのですが、
ステロイドを3週間使って小腸の炎症がとれないということは、
もともと炎症性の腸炎があったことだと言われました。

これは年齢を重ねてから、劇的によくなるということはあまりなく、
食べ物やお薬を上手に利用して、気長につきあって行く方がよいとのこと。

腫瘍があった場合、
ガンであった場合、
最悪のケースなど、
あらゆる場合の説明をしていただきましたが、
先生とも相談の上、年齢のことを考えたら、
積極的な治療や断定するための無理な診察をするのではなく、
痛みのないよう、ご飯が美味しく食べれるような
対処療法の方がいいと、ジョニママも判断しました。

炎症性の腸炎の場合、
食事は低脂肪が絶対らしく、
低脂肪のものって美味しくないみたいですね。(^-^;


ステロイド飲んでるくせに、
まあ、好き嫌いするする。。。。。( ;∀;)

でも根気よくあげてます。


フードなどのアドバイスも大変ありがたいです。
ジョニママとしては、値段に関係なく、
身体によくって、ジョニーが喜ぶものならば、
何でも与えたいのですが、1キロ5000円するフードを、
一口も食べてもらえず処分するのはさすがに胸が痛い。。。(>_<)

こんな我儘息子にしてしまったのも私なので、
何とか頑張ってみようと思います。

※ジョニーの場合、食べても最初の1回とかが多いので、
あえてブログでは食べたフードなどは療養食以外記載しません。。。<(_ _)>
食べる食べないは個体差がありますものね。。。





g073.jpg

これ、自分で並べてました。笑 


ぬいぐるみを振り回して遊ぶくらい元気なので、
大いに遊んで、お腹空かせて、
何でも食べて欲しいです。。。笑 







ジョニママ、あまりコメント入れませんが、
ブログはたくさん毎日読んでいます。

今回、ジョニーが炎症性の腸疾患だと診断され、
あれ?これってあのブログでもみたことある。。。
このブログでもみたことある。。。というのを思い出し、
記事があるブログの過去ログなどを
いっぱい拝読させていただいてます。

足跡たくさんついていたらすみません。<(_ _)>

フードや食事、お薬など、参考にさせていただいてます。<(_ _)>



※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>













Category: 病院

もうひといき頑張るのでち~!

ジョニーの胃腸炎に関しまして、
励ましのお言葉、お見舞い、アドバイス、
ありがとうございます。<(_ _)>

おかげさまで全快。。。と言いたいところですが、
今ひとつ、スッキリしておりません。

g068.jpg

先週土曜日に診察していただいて、
金曜日(今日)、エコーで検査していただく予定でしたが、
一昨日の朝、少し吐いたのと、
昨日はまた朝から何も食べずにいたので、
昨日の午後診一番に病院へいってきました。






なんでかな~と、いろいろ考えるに、
火曜日がトリミングだったんですね。
で、ばあば(ジョニママの母)の用事が長引いて、
いつもは3時間でお迎えにいくところ、
お迎えまで4時間かかってしまいました。。。
(これがちょっとジョニーにはストレス)

ステロイドを服用していることもあり、
トリミングサロンでおしっこはいっぱいしていたようですが、
ジョニーは神経質なので、他のワンちゃんと同じ器からは水を飲まないので、
帰宅してガブ飲みしたこと。。。
(これもちょっとストレスだったのかな?)

それに加えて、サロンでは施術の後に体重をはかってくださるのですが、

な、な、なんと。。。
3.5キロだったのですね。。。( ゚Д゚)


(ジョニーの平均体重は4.2~4.4キロ)


連絡帳をみて、衝撃をうけたジョニママは、
帰宅してすぐにお水を飲ませ、
これ食べる?と、ヒルズのa/d缶をあけました。
回復期用のウエットフードで、高カロリー高たんぱくのものです。

この手のタイプはジョニーはあまり食べないのですが、
この日はガツガツと缶の1/2を完食。
(空腹にこれが胃腸に負担かけたかも?(>_<))


晩御飯の後も少し食べました。

で、翌日の朝もあげたら少し食べてもういらない。。。と。

いつもの我儘かな?と思っていたら、
少量ですが、ケポッと吐いたのです。

それでも夕方には元気になり、
散歩は元気るんるん。
いいウンチを2回もして、
晩御飯はハーブ鶏のささみとi/dフード小粒をふやかしたものを完食。

それでもまだ欲しがるので、a/d缶も少しあげました。

大丈夫だろうな?と思ったけど、
昨日の朝、散歩は元気に歩き、
いいウンチもしたものの、
帰宅したら、ベッドに直行。。。

昼過ぎまで様子みてましたが、
胃腸の薬、ステロイドを飲ませたのに、
まったく食べたがらないこと、
水を飲みにいくけど、鼻先がつくと
ぷいっとしてしまうことから胃腸が痛いと判断し、
病院へ連れていきました。

エコーで確認していただくと、
一番最初にエコーした時と比べると、
徐々にマシにはなってきているけど、
まだ少し炎症が残っているとのこと。

今まで胃腸炎でこんなに時間がかかったことがないので、
ジョニママは大変焦りました。

腫瘍とかではないのですか?と質問すると、
エコーをとるたび、炎症をおこしてる場所が違うので、
腫瘍ではないと思います。とのこと。

腫瘍による炎症であればずっと同じ場所ですから。って。

納得。(^-^;

15歳という年齢と、おやつ食べすぎがあかんかったかな~と反省。

それと、a/d缶はいいフードですが、
今のジョニー君には脂が重たいかもしれないとのこと。

嗜好は高いですが、人間でいえば80歳くらいなので、
なるべく低脂肪のものを与えてください。。。とのことでした。

ジョニーの骨格で適正体重はどれくらいですか?と質問すると、
3キロ後半でも問題はありませんが、3キロ前半は痩せすぎです。

消化のいいもの、低脂肪のものを根気よくあげないと、
嗜好の高いものは胃腸に負担をかけるために、
食べずに栄養失調で命にかかわる場合がありますと言われました。

g069.jpg

あかんて。(^-^;



ワンちゃんと暮らして、
いつかはお別れの時がくるのはわかっているけど、
血液検査の数値が全部正常で、
胃腸炎で、嗜好のせいでフードを食べず、
栄養失調でのお別れなんて、ジョニママ絶対に嫌って思いました。。。


今朝はロイヤルカナンの低脂肪のウエットフードをあげたけど、
プイッとされてまったく食べてくれず。。。

今までなら負けて、好きそうなものにかえてたけど、
根気よく、自分が食べるふりしたりしながら粘ったら食べました。
(ステロイドも飲ませていたので、食べたい気持ちもあったようです。)

g070.jpg

ほんまになぁ~。。。

好きなものをあげて、
身体の調子がいいなら別に構わないと思うけど、
今のジョニーには、かなり気を付けないと、
すぐに同じ状態になっちゃうんだな~と思いました。




ということで、
ジョニーの節制生活は
しばらく続きそうです。。。


早く元気になって欲しい!!!







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>




りんみいママさんへ
私はパンさんのインスタにあがったワンちゃんの名前をあてるのが趣味です。笑
というか、プードルちゃんはスタイルがかわるとわからなくなるので、
表情とかみるのも好きなのです。。。みいちゃん最初わからなくて驚きました。笑




Category: 病院

ぼちぼち元気になってきたのでち~!

前記事にお見舞い、応援、元気玉コメントを
たくさんいただきました。

ありがとうございます。

おかげさまで少し元気になりました。

昨夜のジョニーの様子です。

g065.jpg

ダーにも反抗してます。笑

g066.jpg









先週の金曜日。
朝の散歩から帰宅したジョニーは、
そのままベッドに横たわり、
私が用事をしようが、何をしようが、
ずっと眠り続けて動かず、
私は大変気をもみました。。。

時折、「息してる?」と確認するほど。

もちろん、何も食べず、水も飲まずです。

ダーが帰宅してからワンコラ始まり、
晩御飯はガツガツ食べました。ホッとした。

でもご飯が終わるとまたすぐに寝た。
稼働時間4時間くらい。。。(散歩含む)



病院へ連れていこうか?とも思いましたが、
嘔吐、下痢などの症状がなかったことと、
大雨だったので、運転危ないな~と思い、
予定通り、土曜日朝一番にダーも一緒に病院へいきました。

9時からの診察で8時30分に到着したのに
8番目やった。(^-^;

まだまだ激混みですね。。。

ジョニママ、この日は「手術」って言われるかも。。。と、
少し覚悟を決めて、重たい気持ちで診察を受けました。

前日まで嘔吐、下痢はなかったものの、
この2週間あまり、ウンチがずっと黒かったんです。
そして、この日の早朝に吐いたようなあとがあった。
(吐いたものを食べたようで、食べ物はなかったけど、
少し血の塊がありました。)

下痢はしてないから、大腸ではなさそうだけど、
どこかで出血してるからウンチが黒いのではないか?

血の塊があるということは胃も悪い?

小腸の炎症は何かつまっているのではないか?

ジョニーは異物を食べたりしないので、
可能性としては、固いアキレスがそのまま残ってる???

いろんなことが頭の中をぐるぐるして、
不安な気持ちで診察の順番を待っていました。

ジョニーが呼ばれて、先生に前の診察からの経緯を話し、
すぐにエコーを撮っていただきました。

※前記事でCTと書いたのは間違いで
エコー(超音波)でした。修正済。


結果、
・小腸の炎症が以前よりはマシになっているけどまだおさまっていない。
・ものはつまっていない。
・炎症をおさえるため、ステロイドを1週間続ける。
・胃の粘膜保護のお薬も2日分追加。
・1週間後に再エコーで確認するが、それまでに何かあればすぐに病院へいく。
・体重は3.7キロでした。(ジョニーのベストは4.2~4.4キロ)

ということで、この日も点滴(補水、制吐剤)していただき、
帰宅して、胃腸の動きをよくするお薬と吐きどめ、ステロイドのお薬を飲ませました。


まずは「手術」と言われなくてホッとしました。
そして、食べ物の管理を徹底しよう!と思いました。


おやつ絶対禁止。。。(^-^;






帰宅して2時間くらい経った頃から、
食べる~~~!!!と騒ぎ出し、
今までガン無視だった、i/d缶のウエットフードを1/3程ガツガツ食べました。
(156g缶の1/3です。その後はまたガン無視w)


ステロイドの副作用は多飲多尿がありますが、
食欲増進効果もあるようです。

前もステロイドを飲んでいる日は食欲がありました。

この1週間で、体重が少しでも戻れば嬉しいし、
炎症がおさまって元気になってくれればいいな~と願っています。

g067.jpg

こちらは今朝のジョニー。
ロイヤルカナンのウエットにi/dドライ小粒を混ぜましたが、
上手に口の中でもごもごして、ドライフードだけ出してました。(^-^;

負けへんで~。。。笑 






※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>




※アベケイさんへ
 いつもありがとうございます。
 お薬によって食欲かわりますよね。
 アベケイさんのワンちゃんも元気に過ごされるよう、
 お祈りしています。
 ブログ始まった当初からいつも本当にありがとうございます。<(_ _)>

※りんみいママさんへ
 デビフの缶詰は全滅でしたわ。(^-^;
 ジョニーって、ぐちゃっとしたウエットは嫌いなんですよ。。。
 ちょっと食べ応えがあるというか、好みがうるさくて。。。
 でもそれであれこれかえてると、余計に食べないみたいなので、
 今は消化サポート系のフードを根気よくあげてます。
 みいちゃん、イメチェンしてビックリしましたよ!←だいぶ前だけど。(^-^;
















Category: 病院

ちょっと調子が悪いのでち。。。

う~ん。。。
ジョニーの調子がよくありません。。。

g061.jpg

1日中、ほとんど寝てます。




9月に入って朝ごはんを食べず、
暑さのせい?年齢のせい?と、
心配しながらも、嘔吐下痢などの症状がなかったので、
毎日、見守り隊長をしてきました。

嘔吐下痢をしていなくても、
あきらかに気持ち悪そうにしていたり、
何も食べない時は病院へ連れていってました。

8月は2回点滴。(水分補給と消炎剤)

9月に入ってからも、
散歩は元気にいくものの、
7月末には4.4キロだった体重が
4.2キロになり、それでも食べないので心配でした。

で、様子見してたら、9月11日の夜に食べたものを全部吐き、
その中に米粒程の血の塊を5つ程みつけたので、
翌日病院へ連れていきました。

病院の診断は「胃炎」とのこと。
今までは大腸炎で下痢に血が混じったりしていたけど、
胃が炎症をおこしていると。

いつもの点滴に加えて、胃の粘膜を保護するお薬を処方されました。

g063.jpg

ジョニたん、初めての粉薬。。。

ただでさえ食べないのに、
どうやって飲ませるの???と、
先生に質問しまくって、
袋に水を入れて、シリンジで飲ませました。

めっちゃ嫌な顔してまずそうでしたよ。。。(^-^;



そこから落ち着くかと思われたのですが、
全然食べない。。。

少し食べても吐くので、
再び病院へ。。。


ジョニママ、急性膵炎じゃないかと思ったんですよね。
胃炎ならこのままで、このお薬で治るけど、
別の病気ならば、違う処方をしていただかないと!と思い、
血液検査、超音波検査をしていただきました。


正確には血液検査をしたら、
肝臓、膵臓、中性脂肪、その他もろもろ、
すべて正常値だったんです。

でも体重が1週間で400gも減って3.8キロになったこと、
痩せたのに食べないので、原因を探るために
超音波検査をしていただきました。

その結果、小腸が炎症をおこしていると。


原因は何ですか?と聞きましたが、
ワンコが小腸の炎症を起こす原因は
・食べ物(フード等)のアレルギー反応
・ストレス
・季節の変わり目
など、色々原因があるけど、
今回はこれです!という診断は難しいと。

取り急ぎ、炎症を抑えるために、
いつもの皮下点滴、制吐剤にステロイド剤を入れていただきました。

そして、画像から炎症がひどいようにみえるので、
点滴を続けてくださいと言われました。。。

g062.jpg

とにかく、家ではずっと寝てます。。。



昨日でステロイドは終了し、
土曜日にエコーで炎症がおさまっているか確認します。

散歩は元気にいきますが、
食べるのはおやつを一切やめたせいか、
あまり食べたがりません。。。( ;∀;)

体重は3.6キロになってしまい、
抱っこすると、骨を感じて涙がでます。。。

消化のよいものを、
1日4回ほどに分けてあげていますが、
食いつきがよろしくない。。。

痛いからか。わがままなのか。。。



点滴入れる時に、
栄養分も入れていただけませんか?とお願いしましたが、
皮下点滴では水分しか補給できません。
栄養は食べるしかないのです。。。と言われました。

栄養点滴は心臓の横?あたりに針を入れるらしく、
通常はしないそうです。


ジョニたんと、もうちょっと一緒に暮らしたいな~。。。

g064.jpg

頑張って食べて欲しいな~。。。




強食しているお友達がいるので、
先生に聞いてみたら、
腎臓の悪い子には体力をつけるためいいですが、
ジョニー君は胃腸の調子が悪いので、
強食はよくありません。と、言われました。



どっちみち、ようせんかったから、
ホッとしたような、食べてくれないと
手だてがないような。。。



ジョニーの食べ物のことで、
毎日頭がいっぱいなジョニママでした。。。









※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>


















Category: 病院

狂犬病ワクチンに今年もいってきたでち!

先週の3連休の中日に
狂犬病ワクチン接種にいってきました。

ジョニたんのかかりつけ病院は、
普通の時でも激混みなので、
ジョニママとしたら、4月5月は避けたかった。。。

でも市からのハガキが届かないといけないので、
待ちわびていたところ、14日に届いたので、
早速いってきました。

g021.jpg

調子が悪くないのに
病院へきたので、
ちょっと不機嫌なジョニー。。。

g022.jpg

まあまあ。。。
健康診断だと思ってw

g023.jpg

落ち着いてみえますが、
ずっと診察台から降りようとしてました。

なので、ダーの手がずっと写ってますwww

g024.jpg

こんな感じでしぶしぶのお顔。。。
うっすい目ぇ~。。。
不満たらたらだったのですがぁ~。。。

※この写真は問診、触診の後、
先生が注射の準備中に撮ってます。






先生が看護師さんと戻ってきて、
若いかわいい看護師さんに抱っこされた途端。。。

g025.jpg

あんた。。。
わかりやすすぎへん?(^-^;

g026.jpg

みるみるテンションがあがり、
うっとりとするジョニー。。。

g027.jpg

足から採血して、
フィラリアの検査されてます。
全然びくともせえへんwww



この後、背中にワクチンをチックンされましたが、
まったく動じず、終ってからも、
こっちに帰ってこようとしなかった。。。( ゚Д゚)



スケベ心満載の14歳の春。。。





なんだかな~。うちの息子な日でしたwwwww











※拍手コメントいつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>









Category: 病院

お腹痛い時は病院へ走るでち~!

先週、またまた病院へ走ったジョニーさん。。。

胃腸炎をよくおこすので、
お薬はいつも多めに処方していただいてます。

常に手元に10日分以上はあるようにしてる。。。

だいたい2回飲めばよくなるし、
ジョニーの胃腸炎は病気というよりも、
食べ物を好きなものしか食べないので、
腸内環境が悪いことによる胃腸炎と思われ。。。

ただ、お水も飲めない時は、
お薬を飲ませようがないので、
病院へ走ることになります。

f095.jpg

ってね、先週、強く訴えるので、
病院へ連れていったのですがね。。。

よぉ~~~~く考えると、
確かにお水は朝から飲まなかったし、
何も食べなかったけど、めっちゃひどい下痢した訳でも、
激しい嘔吐をした訳でもないのですよ?(^-^;

f096.jpg

先週の月曜日に、ダーが散歩の時に下痢まではいかないけど、
ゆるいウンチを何回もしたわ~と言っていたのと、
火曜日に、朝から何も食べず、水も飲まずで、
普通なら様子みる状態なのですが、翌日にジョニママは朝から予定が入っていたので、
次の日の朝一番に病院へ連れていくことができないので、
火曜日の午後診察一番(15時~)にいつもの病院へいってきました。

f097.jpg

14時45分到着で3番目やった。(^-^;

20分程待って、診察してもらって待合室にもどったら、
座るとこないくらい満員でした。。。すげ~。。。



でもその時に先生に言われました。。。

ジョニー君は自分で病院ってアピール出来て、
飼い主さんにわかってもらえていいねって。

ほとんどのワンコがもうちょっと早く連れてきてくれたら。。。
という状態で病院へ来るそうです。

やっぱり早く病院へ行った方が、
回復も早いそうです。


ワクチンなんかで病院へ行く時は、
待合室で待ってる時、ちょっと震えたりしますが、
お腹痛くて病院へ来た時は、ジョニーの場合、
「あ~これで楽になるわ~!」と言わんばかりに、
力が抜けて、私の膝の上でくつろいでいます。。。



診察が終わったあとも、「ありがとうな!」ってな感じで、
抱っこちゃん人形のように、私の首に両手を回し、
ほっぺをぎゅっとくっつけてたジョニー。。。

待合室があまりに混雑していたので、
受付付近で立って会計を待っていたのですが、
あまりにこちらをみてひそひそお話する方がちらほらいて、
「え?ブログみてる方なのかしらん?」と、
ボサボサの恰好でいたジョニママは大変焦りました。。。爆
(だってさ、家でくつろいでいてそのままきたからね。笑)


ブログの読者かどうか気になり、たまらず話しかけると、
「お母さんのことが本当に大好きなんですね!」
「うちの子はそんなに顔くっつけませんよ!」
「顔の喜怒哀楽が犬とは思えない!」などなど。。。(^-^;

ブログ読者ではなさそうでよかったな。。。笑




ただ、いつもなら点滴してもらうと、
家に着くころには元気になっているのですが、
今回は翌日の夕方頃にやっと元気になったので、
ちょっと焦りました。。。

これが年齢なのかな?


でも、それまでも嘔吐、下痢は一切なしよ?(^-^;
その翌日の夕方の散歩はがっつり元気よく
1時間も歩いたのですよ?(^-^;

甘えてるんか?(^-^;




ってことで、ジョニーのお世話と、
ばっちゃん(ジョニママの母)の世話で、
毎日バタバタしてるジョニママでした。。。




自分だけの時間が欲しい。。。( ;∀;)







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>


特にダーとジョニーはウケてて嬉しいです。笑








Category: 病院

狂犬病ワクチンにいってきたでち!

一週間程、ダラダラ過ごさせていただきました。(^-^;
おかげさまで、だいぶ復活してきました。

身体がしんどい間、気になってたのが、
2月に混合ワクチン、3月に狂犬病ワクチンの案内が
届いていたことです。。。

ジョニーのかかりつけ動物病院は、
定休日がなく、医師が5名いらして、
ローテーションで出勤されてます。

この前、歯の施術が気に入らなかった医師にあたりたくないのと、
自分の体調でグズグズしていたら、4月になっちゃった。( ;∀;)

でもなかなか行く元気が出なかったので、
ダーがお休みの8日(土)に一緒に行ってきました。

案の定、激混みやったけどね。笑

1時間程待って、聴診器でお腹の調子をみてもらって、
体温も平熱で異常なし。

注射の用意してきますね!とのことなので、
写真撮影開始!笑

f035.jpg

今日はお腹痛くないのに、
何で来たん?って感じでしたよ。。。(^-^;

f036.jpg

そだね~。←古っ!
待ってる時が一番緊張するよね。。。

f037.jpg

あくびして、
緊張を紛らわせておりました。。。

f038.jpg

最近、吐き気する時は、
自分から車の方にいって、
「病院行こうか?」ってなるジョニーwww

f039.jpg

あっという間に終わるからさ!^^







f040.jpg

マジか。。。笑
年に何回病院に来てるやろ。。。(^-^;

そうこうしてるうちに、
フィラリアのお薬処方のための採血と、
狂犬病ワクチンの準備が整いました。

f041.jpg

看護師さんに抱っこされて、
脚から採血。これは楽勝。

f042.jpg

そんなに脚伸ばさなくても
いいと思いますがね。。。笑

そして、一瞬の間に狂犬病ワクチン。

ビクッともしませんでした。
超楽勝。こういう年が何回かありますわ。

f043.jpg

終わった後も、
え?もうやったん?みたいな感じでしたw

f044.jpg

翌日、ちょびっと吐いたけど、
たいした副作用もなく、
今年もできてよかった。。。





※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>
お返事できなくてごめんなさい。<(_ _)>





更年期もありますが、
この寒暖差で体調不良の方が多いことに、
自分だけではない!と、少し安心しました。(^-^;

私の場合、リフォームが終わって、
「気が抜けた」というのも
大きいと思います。

まだ本調子ではありませんが、
少しずつ、回復してきてます。^^

アドバイスいろいろたくさんいただきました。
ありがとうございました。<(_ _)>

今は市販のビタミン剤と漢方で様子見してます。^^












Category: 病院

歯石とりをまた!したのでち。。。

前々記事の一番最後の写真。。。
「俺っちは母さえいればどこでも大丈夫!」の
写真をみてもおわかりだと思いますが、
ジョニたん、お口のまわりがいつもより茶色くなってます。。。

ジョニママいろんなことがありすぎて、
これに気がついたのが、10月の終わり頃。

11月に入って、病院へ相談に行きました。

弟の家のマッサージチェアでくつろぐジョニー。

f002.jpg

うん。くちゃいし、お口のまわりが汚いよ!w


歯石とりに関しては、見える前歯よりも、
歯の一番奥に大きな歯石が固まりになって2つついてたんです。
それはとった方がいいけど、前の歯については問題ないとのこと。
(ブログ記事にする余裕がなかったので、写真撮ってません。。。)

f003.jpg

前歯はどのみち抜け落ちるし、
他の歯に悪さはしないので、
スケラーをかけている時に自然に抜けるかもしれませんが、
特に抜歯はしませんとのこと。

また手術中に様子をみて、
歯肉炎をおこしている歯に関しては抜歯しますとのことで、
11月下旬に予約を入れて帰宅しました。





でね。当日おまかせして、夕方お迎えにいったら。。。

ジョニーの顔がなんか変?

その時の写真。。。
あまりに痛々しすぎて、私、1枚も撮ってません。。。(^-^;

翌週、トリミングがあったのですが、
イボの処置もしていただき、抜糸がまだだったので、
カットだけしていただいた時の写真があります。

f004.jpg

なんか、いつものジョニーより、やつれてるでしょ?


お顔をアップにすると。。。

f005.jpg

唇がえぐれてますねん。。。( ;∀;)

これは大ショックでした。
しかも、術後にこのことに関して、病院から何の説明もなかったし。

この病院はジョニーがうちに来た時から通ってるかかりつけ病院です。
今まで、こんなこと一度もなかった。

先生は院長先生、副院長先生(お二方はご夫婦)の他に3人先生がいらして、
どの先生にあたっても、きちんと診察してくださるし、
胃腸炎など、具合が悪い時も都度改善してたので、
とても信頼していました。

私がいろいろあって、落ち着きがなかったのがあかんかったのかな。。。

ジョニーの13歳という年齢。(7月で14歳になります。)
それを考えたら、具合が悪くなってするよりも、
元気な時に処置していただく方がリスクが低いと思ってお願いしました。

ちょうど、診察待ちをしている時に、
16歳という元気なヨーキーちゃんを連れたママさんとお話してて、
その子は目から膿が出ていて、歯周病が原因だったそうです。

それまでかかっていた病院では、麻酔のリスクを考えたら手術できないといわれ、
ずっと抗生物質の注射を打ち続けていたところ、知り合いにこの病院を教えてもらい、
院長先生に大丈夫ですよ!手術できますよ!と、抜歯7本に歯石もとっていただき、
みるみる元気になったそうです。

うん!やっぱりそうよね!と、その時、手術の予約をしたのですが、
結果としては、奥歯の大きい歯石の塊はなくなっていましたが、
色の変色した前歯はそのまま。抜歯はゼロ。

抜歯ゼロって聞いた瞬間はホッとしました。
ああ、そんなに悪い歯はなかったんだと。

でもね。術後しばらくして、ジョニーも回復して、
あらためてお口の中をよくみると、歯周病の匂いはまだしてる。。。


そらそうだわさ。
変色した前歯、そのまま残ってるんだもの。

でも、こんな歯石とりならば、麻酔してする意味あるの?
無麻酔での歯石とりと一緒やん。。。と、
もやもやした気持ちになりました。。。

破歯になってた歯の上の部分は削れてなくなっていて、
この歯についても病院からは説明もなく、
後日、トリミングの歯磨きの際にトリマーさんに教えていただきました。



ジョニたんはこれまでに2回、この病院で麻酔をかけて歯石とりをしています。

一番最初は保護犬だったので、3年間一度もお手入れされておらず、
黒ずんでとんでもない状態だったので、人間不信がマシになるのを待って、
うちにきた1年後に施術しました。

お口くさかったのがなくなり、黒かった部分もキレイになり、
とても嬉しかったのを覚えています。

その数年後、右下の大きい歯に歯肉炎ができたので診察したところ、
この歯はアゴの骨に影響するので抜歯した方がいいと、
院長先生の診断で抜歯。ついでに歯石もとっていただきました。
(歯石はそんなにはついてなかったです。)

こんな風に今まではまったくなんの不信もなく、
信頼しきっておまかせしていた病院だったけど、
あたる先生によって、こんなに差があるのか。。。と、
ちょっと複雑な気持ちになりました。


そして、今回の手術に関しては、内容もさることながら、
帰宅してから麻酔が冷めるのが遅いことに大変驚きました。
これが年齢なんだろうか?今までと全然違う。。。

ヨタヨタするジョニーをみて、心底申し訳ないと思ったし、
このまま逝ってしまうのでは?という不安もよぎったし、
私の判断によって、この子の命は決まる!
だから、しっかりしなくては。。。と、
あらためて考えさせられました。



もう二度と。。。
こういうことがおこらないように。。。

今、必死で毎日歯磨きしております。(^-^;




でもね、回復力ってすごいですよ!

唇削れてたのも、よ~~~~くみればわかるけど、
一見ではわからないほど、元にもどってきました。

f006.jpg

ツヤツヤ、ふわふわジョニたんが保てるかどうかは、
ジョニママの毎日のお手入れにかかっている。。。

頑張ります。。。('ω')ノ







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。













Category: 病院