FC2ブログ

もうちょっと頑張るのでち!

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメント、
たくさんいただいてます。
ありがとうございます。

ここ数日、目離しがきかないような状態で、
お返事できておりません。ごめんなさい。<(_ _)>

一昨日、昨日とあまり食べれず、
今朝、お薬を飲ませたところ、2時間後に吐いたので、
朝一番で動物病院へいってきました。

いつもの先生にエコーで炎症を確認していただきましたが、
最初にかかった時よりひどくなり、リンパ節の腫れも最初より
大きくなっていました。(>_<)

通常の腸の炎症であれば、処方されたステロイドでおさまるはずですが、
年齢的なこと、今までの腸疾患など、お薬より病気が勝っている状態のようです。

体重が3.15キロになってましたので、
先生からは、言葉を選びながらではありますが、
最期に関するお話もありました。

ひとまず、今日は、
朝飲ませたお薬を全部吐いたので、
脱水予防の点滴に吐きどめのお薬と
ステロイドも追加していただきました。

抗生物質も胃腸に負担をかけないように、
皮下点滴で入れて、2週間効果のあるものをしていただきました。

あと、本来であれば、ステロイドが効いて、
炎症がとれて、食欲が増すのが一番ですが、
痛みがあることにより、まったく食べない状態が続いているので、
「痛み止め」の処置をしていただきました。

パッチになっているもので、お腹に貼って、
3日効くそうです。即効性もあるそうで、帰りの車では寝てました。

あとは。。。
ジョニーが食べるかどうかだけです。

一昨日、昨日と、
1日何種類のものを出してみただろう。。。(^-^;

それがあかんのかな?とか思いながら、
でも、これが嫌だから?
これなら食べる?と思うと、
あれこれやってしまいます。。。

まずは一口。
何か食べてくれるよう祈ってます。

帰宅してから撮ったジョニーです。

g075.jpg

体重減りましたが、
点滴していただいたので、
行く前よりはマシにみえます。

g076.jpg

まだ眼に力があるようにみえるので、
なんとか頑張って欲しいと思っています。







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。

ちょっと今、私の情緒も不安定なもので、
お返事したり、出来なかったり、重複してしまったり、
ごちゃごちゃでごめんなさい。<(_ _)>

いつも皆さんのコメントをありがたく思っています。
頑張る力になります!^^







スポンサーサイト



Category: 病院

お薬が増えちゃったのでち。。。

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメント、
たくさんいただいてます。
ありがとうございます。

順調に回復していたように思っていたのですが、
先週末からまた食べなくなり、
17日(土)、20日(火)に病院に行きました。

特に19日はほとんど食べず、
昨日も食べたそうにするものの食べず、
水を飲む時も躊躇する感じでいたので、
これは危ない。。。と感じ、急いで連れていきました。

ジョニーのかかりつけの病院は、
決まった休診日がなく、医師が6名いらして、
交代でお休みをとられています。

普段の診察は特に医師の指名などはしていませんが、
この1ヶ月、エコーをとっていただいたり、
体調の経過を把握していただいてるので、
同じ先生にずっと診ていただいてました。

昨日はその先生がお休みの日。。。

ジョニママとしては、木曜日(その先生は火水がお休み)に
行きたいところでしたが、そんなこといってたら命が危ないかも?と、
嫌な予感が走ったので、点滴だけでも。。。と思い連れていきました。

ジョニーはここの病院へうちにきた時からずっと通っているので、
最近入られた新人の先生以外、全員の先生をよく知っています。
昨日も今まで何回もお世話になった先生にあたりました。

病院のカルテはどの医師がみてもわかるように管理されています。
なので、昨日も先週からの様子の変化、食べないこと、
私がIBD(炎症性腸疾患)のブログを読みあさっていることなどをお話して、
アルブミン、炎症、肝臓などいくつかの項目の血液検査をしていただきました。

結果。。。

アルブミンが1.7g/dlまでさがっていた。。。(>_<)

そして白血球が増えている。
これは小腸の炎症がおさまってない。
もしくはひどくなっている。

そして、食べない(食べれない)ことによる
栄養失調の状態。。。

先週木曜日までは1回は少量だけど、
1日4回食べていたんですけどね。。。
(これに関してはちょっと思い当たることがあります。。。)

土日と食べる量が減り、月曜日から全然食べなくなりました。
そして、食べない(食べれない)から、体重は3.3キロ。。。
可哀想で仕方がない。。。


幸いにも、肝臓は正常値内でした。



先生といろいろお話した結果、

まず炎症をおさえる処方を追加していただく。
(ステロイドの増量、抗生物質の追加)
それで食べれるかどうか。
1週間後、数値の再検査とお薬の調整。
もちろん、それまでに不調があれば病院へ行く。

これらをすることになりました。
診察室に1時間以上いて、
ジョニーもぐったり。。。

でも点滴で痛みがとれたのか、
帰宅してから20分程散歩して、
夜は少し食べました。
それでもまだまだ食べる量が少ない。。。

今朝、昨日処方された、

・胃腸の動きをよくするお薬
・吐きどめのお薬
・ステロイド(今までより増量)
・抗生物質(腸炎に効果のあるもの)
・肝臓のお薬(ステロイドの副作用防止のため)

これらを飲ませましたが、
今朝は散歩の足取りも重く、
帰宅してからずっと寝ています。。。


g074.jpg

これは先週末の写真。

お薬が効いて、痛みがとれて、
どうか食べてくれますように。。。







※炎症性腸疾患に関する記事を記載してくださってるブログ、
ものすごく参考になりました。ありがとうございます。<(_ _)>
(複数、読ませていただいてます。)


ブログの記事を読んでいたから、アルブミンの数値を確認すること、
ステロイドの量を調整することなど、事前に自分の頭の中にあったので、
先生とお話していても、スムーズに治療方針を決めることができました。

しんどい中、こういう記事をUPしていただいたことに、
深く感謝いたします。ありがとうございます。










※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>







ジョニーの食欲が減ったことに思い当たる話は、
字ばっかりの長文なので、興味とお時間のある方だけ、
続きを読むにて。。。(^-^;















Category: 病院

病気と気長につきあうのでち。。。

ジョニーの体調不良に関しまして、
アドバイス、応援、ご心配のコメントを
ありがとうございます。<(_ _)>

月曜日(10/12)に
エコーで腸の様子を確認するため、
病院へいってきました。

もともとこの日に検査してもらおう!と決めていて、
前回の受診(10/1)から様子見していましたが、
嘔吐下痢もなく、順調だったので、
エコーが楽しみですらあったのに。。。

前日の夜に少量ですが、ケポッと嘔吐しました。( ゚Д゚)

g071.jpg



ガーーーーーーーーーーン!!!
母も大ショックだったよ。。。

で、この日のエコーでも、
まだ小腸に炎症があるって。

リンパ節の腫れは最初の7.3ミリから
5.3ミリになっていました。
でも正常値は3ミリ以下らしい。。。

結果、いろいろ。。。
たくさん、先生の診断結果を言われましたが、
15歳という年齢もあり、手術などをして体力を奪うよりも、
食事の改善、胃薬の服用など対処療法をしながら、
ジョニーが快適に暮らせるように決めました。

g072.jpg

そう。元気なんです。

食欲もあるし、
以前よりは食べるようになったし、
ただ、あげていいものが限られているので、
なかなか体重が戻りません。


ジョニーは3歳でうちにきて、
最初の頃は何でも食べて、
嘔吐下痢などまったくないワンコだったのですが、
7~8歳頃から、蒸し暑くなるころの季節の変わり目に
下痢などをするようになり、1年に1回くらい、
胃腸炎のお薬を処方していただいてました。

それが10歳を過ぎる頃から、1年に2~3回になり、
13歳頃からは2~3ヶ月に1回になり、
15歳の誕生日を過ぎてからはいきなりこんな感じで。。。
ステロイドを処方されたのも、今回が初めてです。

今までは点滴や制吐剤ですぐによくなっていたので、
あまり深く気にしていなかったのですが、
ステロイドを3週間使って小腸の炎症がとれないということは、
もともと炎症性の腸炎があったことだと言われました。

これは年齢を重ねてから、劇的によくなるということはあまりなく、
食べ物やお薬を上手に利用して、気長につきあって行く方がよいとのこと。

腫瘍があった場合、
ガンであった場合、
最悪のケースなど、
あらゆる場合の説明をしていただきましたが、
先生とも相談の上、年齢のことを考えたら、
積極的な治療や断定するための無理な診察をするのではなく、
痛みのないよう、ご飯が美味しく食べれるような
対処療法の方がいいと、ジョニママも判断しました。

炎症性の腸炎の場合、
食事は低脂肪が絶対らしく、
低脂肪のものって美味しくないみたいですね。(^-^;


ステロイド飲んでるくせに、
まあ、好き嫌いするする。。。。。( ;∀;)

でも根気よくあげてます。


フードなどのアドバイスも大変ありがたいです。
ジョニママとしては、値段に関係なく、
身体によくって、ジョニーが喜ぶものならば、
何でも与えたいのですが、1キロ5000円するフードを、
一口も食べてもらえず処分するのはさすがに胸が痛い。。。(>_<)

こんな我儘息子にしてしまったのも私なので、
何とか頑張ってみようと思います。

※ジョニーの場合、食べても最初の1回とかが多いので、
あえてブログでは食べたフードなどは療養食以外記載しません。。。<(_ _)>
食べる食べないは個体差がありますものね。。。





g073.jpg

これ、自分で並べてました。笑 


ぬいぐるみを振り回して遊ぶくらい元気なので、
大いに遊んで、お腹空かせて、
何でも食べて欲しいです。。。笑 







ジョニママ、あまりコメント入れませんが、
ブログはたくさん毎日読んでいます。

今回、ジョニーが炎症性の腸疾患だと診断され、
あれ?これってあのブログでもみたことある。。。
このブログでもみたことある。。。というのを思い出し、
記事があるブログの過去ログなどを
いっぱい拝読させていただいてます。

足跡たくさんついていたらすみません。<(_ _)>

フードや食事、お薬など、参考にさせていただいてます。<(_ _)>



※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>













Category: 病院

もうひといき頑張るのでち~!

ジョニーの胃腸炎に関しまして、
励ましのお言葉、お見舞い、アドバイス、
ありがとうございます。<(_ _)>

おかげさまで全快。。。と言いたいところですが、
今ひとつ、スッキリしておりません。

g068.jpg

先週土曜日に診察していただいて、
金曜日(今日)、エコーで検査していただく予定でしたが、
一昨日の朝、少し吐いたのと、
昨日はまた朝から何も食べずにいたので、
昨日の午後診一番に病院へいってきました。






なんでかな~と、いろいろ考えるに、
火曜日がトリミングだったんですね。
で、ばあば(ジョニママの母)の用事が長引いて、
いつもは3時間でお迎えにいくところ、
お迎えまで4時間かかってしまいました。。。
(これがちょっとジョニーにはストレス)

ステロイドを服用していることもあり、
トリミングサロンでおしっこはいっぱいしていたようですが、
ジョニーは神経質なので、他のワンちゃんと同じ器からは水を飲まないので、
帰宅してガブ飲みしたこと。。。
(これもちょっとストレスだったのかな?)

それに加えて、サロンでは施術の後に体重をはかってくださるのですが、

な、な、なんと。。。
3.5キロだったのですね。。。( ゚Д゚)


(ジョニーの平均体重は4.2~4.4キロ)


連絡帳をみて、衝撃をうけたジョニママは、
帰宅してすぐにお水を飲ませ、
これ食べる?と、ヒルズのa/d缶をあけました。
回復期用のウエットフードで、高カロリー高たんぱくのものです。

この手のタイプはジョニーはあまり食べないのですが、
この日はガツガツと缶の1/2を完食。
(空腹にこれが胃腸に負担かけたかも?(>_<))


晩御飯の後も少し食べました。

で、翌日の朝もあげたら少し食べてもういらない。。。と。

いつもの我儘かな?と思っていたら、
少量ですが、ケポッと吐いたのです。

それでも夕方には元気になり、
散歩は元気るんるん。
いいウンチを2回もして、
晩御飯はハーブ鶏のささみとi/dフード小粒をふやかしたものを完食。

それでもまだ欲しがるので、a/d缶も少しあげました。

大丈夫だろうな?と思ったけど、
昨日の朝、散歩は元気に歩き、
いいウンチもしたものの、
帰宅したら、ベッドに直行。。。

昼過ぎまで様子みてましたが、
胃腸の薬、ステロイドを飲ませたのに、
まったく食べたがらないこと、
水を飲みにいくけど、鼻先がつくと
ぷいっとしてしまうことから胃腸が痛いと判断し、
病院へ連れていきました。

エコーで確認していただくと、
一番最初にエコーした時と比べると、
徐々にマシにはなってきているけど、
まだ少し炎症が残っているとのこと。

今まで胃腸炎でこんなに時間がかかったことがないので、
ジョニママは大変焦りました。

腫瘍とかではないのですか?と質問すると、
エコーをとるたび、炎症をおこしてる場所が違うので、
腫瘍ではないと思います。とのこと。

腫瘍による炎症であればずっと同じ場所ですから。って。

納得。(^-^;

15歳という年齢と、おやつ食べすぎがあかんかったかな~と反省。

それと、a/d缶はいいフードですが、
今のジョニー君には脂が重たいかもしれないとのこと。

嗜好は高いですが、人間でいえば80歳くらいなので、
なるべく低脂肪のものを与えてください。。。とのことでした。

ジョニーの骨格で適正体重はどれくらいですか?と質問すると、
3キロ後半でも問題はありませんが、3キロ前半は痩せすぎです。

消化のいいもの、低脂肪のものを根気よくあげないと、
嗜好の高いものは胃腸に負担をかけるために、
食べずに栄養失調で命にかかわる場合がありますと言われました。

g069.jpg

あかんて。(^-^;



ワンちゃんと暮らして、
いつかはお別れの時がくるのはわかっているけど、
血液検査の数値が全部正常で、
胃腸炎で、嗜好のせいでフードを食べず、
栄養失調でのお別れなんて、ジョニママ絶対に嫌って思いました。。。


今朝はロイヤルカナンの低脂肪のウエットフードをあげたけど、
プイッとされてまったく食べてくれず。。。

今までなら負けて、好きそうなものにかえてたけど、
根気よく、自分が食べるふりしたりしながら粘ったら食べました。
(ステロイドも飲ませていたので、食べたい気持ちもあったようです。)

g070.jpg

ほんまになぁ~。。。

好きなものをあげて、
身体の調子がいいなら別に構わないと思うけど、
今のジョニーには、かなり気を付けないと、
すぐに同じ状態になっちゃうんだな~と思いました。




ということで、
ジョニーの節制生活は
しばらく続きそうです。。。


早く元気になって欲しい!!!







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。<(_ _)>




りんみいママさんへ
私はパンさんのインスタにあがったワンちゃんの名前をあてるのが趣味です。笑
というか、プードルちゃんはスタイルがかわるとわからなくなるので、
表情とかみるのも好きなのです。。。みいちゃん最初わからなくて驚きました。笑




Category: 病院