FC2ブログ

歯石とりをまた!したのでち。。。

前々記事の一番最後の写真。。。
「俺っちは母さえいればどこでも大丈夫!」の
写真をみてもおわかりだと思いますが、
ジョニたん、お口のまわりがいつもより茶色くなってます。。。

ジョニママいろんなことがありすぎて、
これに気がついたのが、10月の終わり頃。

11月に入って、病院へ相談に行きました。

弟の家のマッサージチェアでくつろぐジョニー。

f002.jpg

うん。くちゃいし、お口のまわりが汚いよ!w


歯石とりに関しては、見える前歯よりも、
歯の一番奥に大きな歯石が固まりになって2つついてたんです。
それはとった方がいいけど、前の歯については問題ないとのこと。
(ブログ記事にする余裕がなかったので、写真撮ってません。。。)

f003.jpg

前歯はどのみち抜け落ちるし、
他の歯に悪さはしないので、
スケラーをかけている時に自然に抜けるかもしれませんが、
特に抜歯はしませんとのこと。

また手術中に様子をみて、
歯肉炎をおこしている歯に関しては抜歯しますとのことで、
11月下旬に予約を入れて帰宅しました。





でね。当日おまかせして、夕方お迎えにいったら。。。

ジョニーの顔がなんか変?

その時の写真。。。
あまりに痛々しすぎて、私、1枚も撮ってません。。。(^-^;

翌週、トリミングがあったのですが、
イボの処置もしていただき、抜糸がまだだったので、
カットだけしていただいた時の写真があります。

f004.jpg

なんか、いつものジョニーより、やつれてるでしょ?


お顔をアップにすると。。。

f005.jpg

唇がえぐれてますねん。。。( ;∀;)

これは大ショックでした。
しかも、術後にこのことに関して、病院から何の説明もなかったし。

この病院はジョニーがうちに来た時から通ってるかかりつけ病院です。
今まで、こんなこと一度もなかった。

先生は院長先生、副院長先生(お二方はご夫婦)の他に3人先生がいらして、
どの先生にあたっても、きちんと診察してくださるし、
胃腸炎など、具合が悪い時も都度改善してたので、
とても信頼していました。

私がいろいろあって、落ち着きがなかったのがあかんかったのかな。。。

ジョニーの13歳という年齢。(7月で14歳になります。)
それを考えたら、具合が悪くなってするよりも、
元気な時に処置していただく方がリスクが低いと思ってお願いしました。

ちょうど、診察待ちをしている時に、
16歳という元気なヨーキーちゃんを連れたママさんとお話してて、
その子は目から膿が出ていて、歯周病が原因だったそうです。

それまでかかっていた病院では、麻酔のリスクを考えたら手術できないといわれ、
ずっと抗生物質の注射を打ち続けていたところ、知り合いにこの病院を教えてもらい、
院長先生に大丈夫ですよ!手術できますよ!と、抜歯7本に歯石もとっていただき、
みるみる元気になったそうです。

うん!やっぱりそうよね!と、その時、手術の予約をしたのですが、
結果としては、奥歯の大きい歯石の塊はなくなっていましたが、
色の変色した前歯はそのまま。抜歯はゼロ。

抜歯ゼロって聞いた瞬間はホッとしました。
ああ、そんなに悪い歯はなかったんだと。

でもね。術後しばらくして、ジョニーも回復して、
あらためてお口の中をよくみると、歯周病の匂いはまだしてる。。。


そらそうだわさ。
変色した前歯、そのまま残ってるんだもの。

でも、こんな歯石とりならば、麻酔してする意味あるの?
無麻酔での歯石とりと一緒やん。。。と、
もやもやした気持ちになりました。。。

破歯になってた歯の上の部分は削れてなくなっていて、
この歯についても病院からは説明もなく、
後日、トリミングの歯磨きの際にトリマーさんに教えていただきました。



ジョニたんはこれまでに2回、この病院で麻酔をかけて歯石とりをしています。

一番最初は保護犬だったので、3年間一度もお手入れされておらず、
黒ずんでとんでもない状態だったので、人間不信がマシになるのを待って、
うちにきた1年後に施術しました。

お口くさかったのがなくなり、黒かった部分もキレイになり、
とても嬉しかったのを覚えています。

その数年後、右下の大きい歯に歯肉炎ができたので診察したところ、
この歯はアゴの骨に影響するので抜歯した方がいいと、
院長先生の診断で抜歯。ついでに歯石もとっていただきました。
(歯石はそんなにはついてなかったです。)

こんな風に今まではまったくなんの不信もなく、
信頼しきっておまかせしていた病院だったけど、
あたる先生によって、こんなに差があるのか。。。と、
ちょっと複雑な気持ちになりました。


そして、今回の手術に関しては、内容もさることながら、
帰宅してから麻酔が冷めるのが遅いことに大変驚きました。
これが年齢なんだろうか?今までと全然違う。。。

ヨタヨタするジョニーをみて、心底申し訳ないと思ったし、
このまま逝ってしまうのでは?という不安もよぎったし、
私の判断によって、この子の命は決まる!
だから、しっかりしなくては。。。と、
あらためて考えさせられました。



もう二度と。。。
こういうことがおこらないように。。。

今、必死で毎日歯磨きしております。(^-^;




でもね、回復力ってすごいですよ!

唇削れてたのも、よ~~~~くみればわかるけど、
一見ではわからないほど、元にもどってきました。

f006.jpg

ツヤツヤ、ふわふわジョニたんが保てるかどうかは、
ジョニママの毎日のお手入れにかかっている。。。

頑張ります。。。('ω')ノ







※拍手コメント、いつも楽しく読ませていただいてます。













スポンサーサイト



Category: 病院