FC2ブログ

10月31日~11月1日の出来事

今日はジョニーの五七日忌(三十五日忌)です。

火葬した葬儀社が供養のメモをくださって、
三十五日忌は

亡きお子様たちが迷わず成仏の道に行けますようにと、
願い供養する日

と、書いてあります。

午前中にダーと二人で
線香をたむけ般若心経を唱えました。


そして昨日。。。

市役所にジョニーの死亡届を提出しました。

1ヶ月以上経ってしまったので、
何か言われるかな?とドキドキしましたが、
とても丁寧に対応してくださり、
胸が熱くなりました。


昨日は届けを出したことで、
またひとつジョニーが遠くなった気がして、
何をしても涙が出る1日でした。。。


なので、懐かしのジョニたんの写真を
選ぶことができませんでした。<(_ _)>
すみません。。。


以下、予約投稿です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

ジョニーは10月30日に病院に預けた日から、
一気に弱った気がします。

やはり、栄養補給がきっちりできてなかったから?
ストレスも大きかったように思います。
おしっこもできなかったし。

翌日も私は母の引越しの手伝いがあったけど、
土日でダーが休みなので、
朝のお薬を飲ませ、スクラルファートを飲ませ、
栄養補給をしてからダーにジョニーをみててもらい、
手伝いに出かけました。

帰宅してからも栄養補給をしてあげて、
散歩も短い時間ながらも、
まだ毎日、朝夕といけてました。

11月1日はまた朝一番に病院へ。

ここまでね、毎日下痢していたわけではなく、
嘔吐していたわけではなく、
「食べない」だけなんです。

この「食べない」ことによって、
栄養失調になり、命にかかわるってのが、
私にすればなんとも受け入れがたいものでした。


元気いっぱい!って程ではなかったけど、
ダーには気に入らないとワンコラ言ってたし、
何とか食べれれば。。。食べれるようになれば。。。と、
それを病院でも相談しました。


O医師は「食欲が出るお薬を出しましょうか?」と。


私、「え?そんなものがあるのですか?」


驚きました。

だって、1ヶ月以上も今回は病院へ通っているのですよ?

そんなお薬があるのならば、
もっと早く処方してもらいたかった。

他のワンちゃんでも、このお薬を飲んで食べるようになって、
めきめき回復した子もいるんですよ~とのこと。

絶対言うでしょ。

「お願いします。処方してください!!!!!」



帰宅してすぐに飲ませました。


2~3時間程してからかな。。。
急に食べる!!!モードになったんです。

まずは身体によさげな療養食のウエットフードから。
低脂肪、a/d缶、i/d缶、スペシフィック、etc.

全滅。

普通のウエットフード。
ロイカナ、ヘルマン色々、ニュートロ、ワイルドレシピ、etc.

全滅。

チューブ系のおやつ。

全滅。

お肉やらいろいろ。。。

全滅。



最後にしゃーない!と、
好きだったフィッシュジャーキーをあげたら、
3本程食べました。

でも消化にいいのか、ものすごく心配だった。


でも久しぶりに、むさぼるように食べる姿をみて、
これを吐いたり、下痢したりしなければ。。。

これがきっかけで食べるようになってくれれば。。。


私はまったくあきらめていませんでした。






つづく。。。






※拍手コメント、いつもありがたく読ませていただいてます。
 お返事できていなくてごめんなさい。<(_ _)>

















スポンサーサイト